サイトメニュー

バインダー

医療機関を受診する前に

ほくろ除去は皮膚科もありますが美容外科の方が見た目を美しく仕上げるので、実績の多いところにしましょう。本当に治療を受けるべきかを考え、切除か炭酸ガスレーザーにするかを考えてから美容外科に行くと話がスムーズに行きます。

顔に触れる女性

美容に使える整形手術

ほくろの除去手術はメスで行われる時もありますが、レーザーで焼いて処理する方法も効果的で良く行われます。服を着る時に引っかかるなどの生活の支障になるほくろは、保険を使える時があるので医師に相談すべきです。

女医

施術後の確認もしておく

ほくろの除去をする時には施術のことだけでなく、施術後にテープで保護が必要な期間も確認しておきましょう。またほくろの状態によってはレーザーよりもメスを使ったもののほうが向いていることもあり、綺麗に治せる可能性が高くなります。

再発を予防する

看護師

施術後かかる時間

ほくろを除去する施術には色々な方法がありますが、通常のサイズのものであればそこまで難しいものではなく簡単に取ることができます。しかし、厳密に分類するとほくろの中にはたくさんの種類があり、それぞれに適している治療法に違いがあります。目に見えている部分だけを除去すれば良いというわけでなく、原因となっている皮膚の内側の組織も同時に取らなくてはいけません。これはほくろができる原因と関係していることですが、皮膚の表面に色がついているだけではなく実際には皮膚の内側の深い部分から色がついていることがあります。その場合には色をつけている組織が体内に残ってしまうと、表面の皮膚をよりのぞいたとしても、また再発をする可能性が高くなります。全てがそうだと言うわけではありませんが、皮膚の表面の浅い部分だけの除去で良いものと、深く取り除く必要があるものがあることは知っておきましょう。表面だけを取り除く処置であれば、短時間で終わりますが再発を予防するためには、皮膚のうつ側の組織を同時に取り除く施術を行うこともあります。その後は少し深い傷が残ることになりますが、傷の部分にはテープを貼って保護をします。その上からメイクをすることもでき、施術当日の入浴も可能です。テープがとれてしまわないかを気にする必要は出てきますが、それ以外で生活に支障が出ることはほぼありません。ほくろの治療は施術後に皮膚が綺麗になっていれば良いのではなく、再発の予防も考えながら行う必要があるということを覚えておきましょう。ほくろの除去をする時にはレーザーやメスを使って患部の除去を行います。その時に心配になるのが痛みですが、施術部位に局所麻酔を行うので痛みを気にする必要はないでしょう。施術を行う時に不安が強いと痛みを強く感じやすくなるので、できるだけリラックスをして麻酔の力を信じるようにしましょう。痛みが強いことで施術が受けられないということはめったにないことなので、痛みに関しては安心して施術を受けられます。どうしても痛みの心配があると言う場合には、施術前に行うカウンセリングの段階で麻酔を十分に行ってもらえるよう、医師に相談をしておきましょう。施術時間も1か所で5〜10分程度なので、多少気になることがあってもすぐに施術が終わるので大きな負担になることはありません。そして施術後には患部を保護するテープをつけて皮膚が元の状態に戻るのを待ちます。この時に皮膚ができてくる過程でかさぶたができることがあります。このかさぶたは傷跡を治すために重要な役割を果たすものです。手が届く場所の時には気になったりして剥がしたくなる人が多いようですが、かさぶたを途中でとってしまうと傷跡が残りやすくなります。できるだけかさぶたのままで過ごすようにして自然に剥がれおちるのを待ちましょう。ほくろを切除する治療を受けてから完全に傷が治るまでには数カ月単位の時間がかかることもあるので、気長に待つことが大切です。施術時間は短いのですが、施術後に皮膚が完全に元の状態に戻るまでには時間がかかるので、事前に医師と相談をして施術するかどうかを決めましょう。

人気記事

女医

施術後の確認もしておく

ほくろの除去をする時には施術のことだけでなく、施術後にテープで保護が必要な期間も確認しておきましょう。またほくろの状態によってはレーザーよりもメスを使ったもののほうが向いていることもあり、綺麗に治せる可能性が高くなります。