サイトメニュー

医療機関を受診する前に

バインダー

慎重に考えて決断を

人それぞれ何らかのコンプレックスを抱えていると言っても決して過言ではありません。誰しも、自分の顔を見た時にここを直したいと思うのではありませんか。皮膚科や美容外科などでほくろ除去手術を行っており、これを受ける人はとても多いです。皮膚科でも美容外科でもどちらでも受けられるとなると、選択肢の幅が広いために何を基準に選べば良いのかで悩みませんか。どのようなことに気を付けると後悔しなくて済むのかから考えていきましょう。美容外科では自由診療が多いですが、見た目を美しく仕上げる技術力はとても高いです。何のために治療を受けようと考えているのかと言えば、美しくなりたい、コンプレックスを解消したいからではないでしょうか。このようなことを考えると費用が高くなったとしても結果を重視して美容外科を選んだ方が良いかもしれません。もちろん、皮膚科であってもかなり腕が良い医師もいますので、絶対に美容外科が良いとは限りません。一般的に、美容外科の方が仕上がりが美しくなることが多いので、美容外科の方が良いでしょう。どれくらいの症例数があるのかによって、そのクリニックのほくろ除去の実績がわかります。症例数が多いのならば、様々な状態で治療していますので的確な判断ができる医師がいるはずです。実績が多いので、医師の腕もよくなっているでしょう。費用ではなく、どのような方法でほくろ除去するのかを重視した方が良いです。なるべく傷跡が残らないようにするためにも、治療法を重視してクリニックを選べば、術後はどこにほくろがあったかわからなくなります。本当に治療を受けた方が良いのかをクリニックへ行く前によく考えておいてください。再発することが全くないわけではありませんが、治療を受けると元の状態に戻ることが考えにくいからです。決して、今の自分を受け入れられないと言うことではなく、できればほくろがない方が良いと言うことであれば、無料カウンセリングを受けると良いでしょう。美容外科では無料カウンセリングを受けることができます。この時に不安を解消して、治療に前向きな気持ちになれますが、それ以前に治療のことを真剣に考えてください。気になっているようであれば、ほくろを除去することで明るく前向きな気持ちに変わる可能性があるので、早めにクリニックの無料カウンセリングを受けてみましょう。実は、ほくろ除去する方法は一つではなく複数あります。とても大きい場合は切除した方が良いかもしれません。傷跡が多少残る可能性がありますが、芯まで残らず取り除くことができるので、再発する恐れがありません。また、治療前の状態に戻らないようにするためにはとても良い治療法です。傷跡が残らない方が良いと言う人は、小さめのサイズである必要があるとは言え、炭酸ガスレーザーがおすすめです。ほとんど傷跡が残らない治療法なので、目立つ場所も安心して治療できます。大きく分けると切除とレーザーの2種類に分かれるので、これらの中からどちらが自分には合っているのかを考えましょう。それから、美容外科では無料カウンセリングを行えば話がスムーズに行きます。治療の特徴を知ることでより満足のいく結果を得ることができます。